ひょうし/100マスもんだい
計算力・暗算力をつける100マス問題。ねこぴーの100マス問題はべんりな機能がいっぱい。
検定問題、クラス問題(↓説明あり)、間違えた所をもう一度計算できる「再ちょうせん」もあります!(はじめるをクリック後、使い方を見て下さい)

検定問題の説明

100マス問題の検定(けんてい)をおこなう事ができます。

  • 画面左上の「せってボタン」をクリックし、せってい画面で「検定問題でSTART▶︎」をクリックして検定問題をはじめます。
  • 終了後、成績(せいせき)は保存(ほぞん)されます。3回連続で正解すれば、初段が授与(じゅよ)されます。4回連続で2段、5回連続で3段…、と昇段(しょうだん)できます。(途中失敗すると昇段は途切(とぎ)れます。)
    10段を目指してがんばりましょう!
  • 成績は「成績を見る」ページで見る事ができます。

クラス問題の説明

学校などで、クラスの生徒にいっせいに問題を出す事ができます。(ネットを使ったテストのような感じです。

  • ご利用にはクラスIDが必要です。クラスIDをもっていない人は表紙上部の新規登録でID登録してください。(生徒はIDもクラスIDも必要ありません)
  • 先生は「クラス問題先生用」生徒は「クラス問題生徒用」をクリックしてください。(先生はログインしてください。生徒は不要です)
  • 先生は(足し算など)問題を選び、OKボタンをクリックします。生徒はOKボタンを押します。
  • 先生は、クラスIDを入力後、開始時間と所要時間を入力します。
    開始時間とは、テストの開始時間で、30を入れれば、「クラス問題をはじめる」をクリックしてから30秒後にテストが始まります。(生徒の画面に一斉に問題が表示されます)
    所要時間は制限時間です。生徒が問題開始後その時間が過ぎると終了し、点数が送られます。(時間内に終了した場合は、終了時点でかかった時間と共に送られます)

  • 「クラス問題をはじめる」をクリックすると開始までの残り時間とともに、生徒用のIDが表示されますので、生徒はその数字を生徒用IDに入力します。
    (名前の欄もありますので名前(出席番号等、本人が特定できるものであれば何でもかまいません)も入力します)
    ※注意:どのような名前でも良いですが、常に同じ名前を入れて下さい。成績は過去分も表で見れますが、名前が変わると別な人として扱われてしまいます。

  • 生徒は「名前」「生徒用ID」を入れて「送る」をクリックすると、スタンバイ完了です。
  • 先生画面のタイマーが0になると問題が始まります。
  • テストが終わると、成績が送信され、先生画面に「結果を表示」「結果を保存する」が出ますので、保存したい時は保存して下さい。
    保存する前に結果が見たい場合は、保存せずに「結果を表示」クリックしてください。
    結果の画面にも「保存」ボタンがありますので、結果を見てから保存することもできます。ただし、「もどる」ボタンでもどった後は、保存できなくなりますのでご注意ください。

  • 結果を表示画面から今回の結果(点数とかかった時間)や今までの成績を見る事ができます。
    生徒の名前をクリックすると、その生徒の成績をグラフで見る事ができます。

    また、今回の100マス問題の各マスで、何人正解したか、そのマスの正解率(20%刻み)も表示されますので、どのマスの問題が難しかったか、等を観察することができます。(※なお、この機能は保存されません)